血行促進が育毛に効果的と言われる理由はなぜ?

育毛の話題となると、血行促進は必ず耳にする言葉だと思います。育毛剤にも血行促進効果を謳ったものが増えています。

ただ、なぜ血行促進が育毛に効果的なのかまで詳しく説明できる人は少ないのではないでしょうか。

血行が良くなるとなぜ育毛につながるのかがわかれば、薄毛やAGAの対策方法が見えてきます。

血液の働き

血液の代表的な働きとは、様々な栄養素や酸素を身体中に行き渡らせることです。人間の髪の毛は常に生え変わっています。

もし、血液の流れが悪くなってしまうとすると、発毛を司る細胞まで充分な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

髪の毛が抜け落ちてしまった箇所には通常再び髪の毛がはえてくるのですが、栄養が足りずにパワー不足になった細胞ではその働きが低下します。結果として、一度抜け落ちた髪が復活できないために薄毛やAGAを招いてしまうのです。

また、髪の毛が細くなることも薄毛に見える原因となりますが、こちらも血液の流れが悪くなることがきっかけで引き起こされます。

栄養不足のため、細く頼りない髪の毛しか作り出すことができなかったのです。血行促進が育毛効果を押しすすめるという理由は、血液の流れを良くして髪の毛に栄養をたっぷり与えるということなのです。

血行促進の方法

では、薄毛AGA対策としての血行促進について詳しく見ていきましょう。

まず、適度な運動習慣です。運動をすることで心肺機能が向上、血液を全身に送り出す力が高まります。発毛に関わる組織や細胞は身体の最末端なので、力強く血液を全身に送り出す心肺機能のパワーは欠かせません。

食習慣の見直しも必要です。脂っこいものを食べすぎてしまうと、血液の流れが悪くなるため、当然栄養の輸送効率も低下してしまいます。

逆に、ビタミンEやビタミンCには血行促進効果があるので、こうしたものを多く含む食べ物を意識的に多目に摂取しましょう。

そして、充分な睡眠も大切です。睡眠不足は身体のあらゆる機能を低下させます。働き詰めでは身体の機関も持ちません。

睡眠時間を取りゆっくり身体を休めることで、血液の流れが滞ることなく、その役割を十分に発揮してくれることでしょう。

薄毛やAGA対策のカギを握るのは血行促進です。生活習慣を見直し血行を改善させることは、今すぐできる薄毛AGA対策になります。